▼ カテゴリ
秩序
死刑
ファミリー
介護
メンタルヘルス
引きこもり
否定の心理
発達障害
犯罪
脅迫
最終更新日時 10/09/14
発達障害
 発達障害とは、小学生〜中学生の時期に確認されうる適応不全の起因となりうる障害の総称です。これらが心理に及ぼす可能性を推察したいと考えます。
 
1. 発達障害の特徴
注意欠陥・多動性障害(ADHD)
 授業中に訳も無く立ち上がったり、動き回ったりするという報告があります。小一プロブレムの一つとして問題視されています。注意欠陥・多動性障害(ADHD) という医学的根拠に基づくもの解釈がありますが、 この説は未だ確立された根拠には至っていません。
 群集心理によって便乗して行動を取るケースもあるものと思われます。
学習障害(LD)
 脳の構造上またはなんらかの阻害要因により、学習能力が著しく低い場合を指します。今日の小学校での学習内容量・質ともに決して侮れるものではありませんが、彼らの多くはその初期段階においてより顕著に その特徴を観測する事ができます。