▼ カテゴリ
秩序
死刑
ファミリー
介護
犯罪
脅迫
最終更新日時 10/02/15
死刑
 世の中の秩序を乱した者に対して執り行われる刑罰の一つ。命を奪うという行為そのものに対しては反対意見があります。
 
1. 概要
死刑の方法
 歴史を振り返ると死刑には拷問としての側面もあり、相当の苦痛を伴った上で絶命していたようです。日本では刀文化に伴い首切りが一般的でした。今では 首つりとなっています。海外では電気イスや薬物投与も一般的です。
海外における死刑のイメージ
 海外では死刑に対して悪いイメージがあります。それは中世の魔女狩りや異端審問といった無実の者への公開処刑の歴史が関係あるようです。
 
2. 死刑に対する賛否両論
賛成派の主張
 社会秩序の維持の為に設けられており、粛々と執り行われるべき。また被害者の無念を晴らす目的でも死刑を執り行うべきであるとの主張がなされます。
 つまり法律を定めてそれを国民に強制し、例外なく適応する事がもっとも重要という訳です。大多数の人が死刑に反対するのはむしろ正常な事であり、 それだけ社会秩序が長期に渡って守られている。つまり死刑制度を含めたルールの運用が機能しているとも考えられます。
反対派の主張
 冤罪死刑の歴史への反省。そして人が人を裁く事に死刑を用いるのは傲慢であるという考え方です。
 加害者も、元を辿れば社会の被害者であるという主張です。これもまた実に的を得ています。現代社会などまだまだ未完成の集合にすぎません。