珍走漫画に踊らされて

珍走漫画一覧

「特攻の拓」

まだまだ昭和が抜けきらない1991年。実在するバイクを非常にリアルに、魅力的に描き大ブームとなった。

作者の所十三は以前「SHOUGUN」という面白い起業漫画を描いていて、綺麗な作画、テンポもよく、乱闘シーンも迫力があった。起業・実業家という生き方を初めて知り、大変勉強になった。

「バリバリ伝説」

バイクレースをメインにした漫画。この作者は後に「イニシャルD」という珍走車漫画も描いている。

ほか

珍走の投稿写真を扱った雑誌などもあった。成年雑誌などでは珍走や不良がセットで描かれた漫画が多くあった。

珍走漫画の罪

珍走行為の美化、抵抗の軽減

極端に美化されたストーリーに感化され、珍走への抵抗が大きく下がる。

珍走漫画の功

犯罪抑止

道路交通法違反をあえてさせる事で、他の犯罪行為(窃盗・傷害・強盗・強姦等)への発展を緩慢に抑止できている模様。サイレンをならして追跡するのは、道路交通法違反を強く再認識させ、意識をそこに縛るのが目的。

更生はムリ

珍走にいそしむ輩はいくら施しても更生しない。厚生しても結局のところ役に立たず。社会のお荷物となりかねない。

誘導する

当人達も知らぬ間に、美化された珍走へ誘導されていく。

知らぬ間に消耗させる

珍走は知らぬ間に消耗する(意外と筋肉を使う・騒音による難聴・風圧による裸眼の疲弊・脳細胞の萎縮)。パチンコにも通ずる。

珍走同士の衝突・喧嘩

珍走のグループ間対立を煽る事で、潰しあうように誘導する。カタギに手を出さないように生き様を描く(ヤクザ漫画にも通ずる)。

生き方を教えてくれる

漫画の影響というのは大きい。ブラックジャックを読んで医者を志す人もいれば、珍走漫画に影響されてうまく誘導・消耗させられいる事に気付かない人もいる。

アウトローにこそ生き方の手本は必要で、珍走漫画もまたその役割を果たしている点は興味深い。